紫外線が一番強くなるのは何月?

肌のトラブルの原因となる大きなものに紫外線がありますが、紫外線の強さは季節によって異なります。紫外線が最も強くなるのは本格的な夏が始まる前の5月です。太陽が最も高く上る時期で、この時期に降り注ぐ紫外線は量も強さもきついので、しっかりと対策をしていく必要があります。

もちろんその他の季節でも紫外線には変わりないので気を付ける必要があります。季節に応じた対策方法があるため、押さえておきましょう。

まずは春ですが、この時期は5月にかけて徐々に日差しも紫外線も強くなっていく時期です。まだ長袖でも耐えられる気候なので、なるべく長袖を着るようにする事で紫外線を防いでいく事ができます。

白などの明るい色の服は紫外線を透過しやすいため、長袖といってもなるべくなら屋根のある所を歩くなど、極力紫外線を避ける工夫は必要です。5月に入ってくると前述したように最も紫外線の強い時期で、しっかりとした対策が必要になります。

5月から8月ほどまでの夏の時期は女性にとっては一番紫外線対策が大変な時期です。露出の多い服を着たくなる時期ですが、肌へのダメージを考えるとあまり良くはありません。肌に紫外線が当たる事が予想される場合は事前に準備をしておきましょう。

日焼け止めクリームを塗っておく事である程度防ぐ事ができます。汗で流れ落ちてしまう事が多いので、 こまめに塗り直すようにしましょう。また、1日が終わった後はお風呂で丁寧に洗い流しておきましょう。

外に出る際は日傘を使うのもお勧めです。UVカット効果が高められたものやお洒落なデザインの物も増えているため、お洒落を楽しむ感覚で使える物も増えています。また、紫外線が当たった日は1日が終わったら必ず美容液や保湿液でケアをしておきましょう。

想像以上に肌はダメージを受けているものです。秋は春と同じ対策で良く、冬は紫外線が弱い時期になります。厚着もするので、比較的対策は楽に行える時期と言えます。

メニュー

ページの先頭へ